FULL-SPEC project

これは、PMK【r】計画から派生した新しい計画です。

これまでのマラソン走行中の局地的な「必殺技※」とは異なり、
「常に最高の状態を維持し、良い走りを実現する」という計画です。

食事の量を調整したり、サプリメントを継続的に服用するというような
事も含まれています。
体脂肪率9%計画もこの中に含まれています。

こういうことが楽しくなるってーのはすばらしい事です。



・「ランカ・ダッシュ」
ハーフ及びフルマラソンのゴール前約500m地点で、ランカ・リー「What'about My Star」→「星間飛行」
の流れで楽曲を再生、「星間飛行」のワンコーラス目サビで一気にダッシュを掛ける技。
これによりゴール前で約15人をゴボウ抜きした過去が有る。但しこの技は、ハーフもしくはフルマラソン
で疲れきった肉体にさらに異常なまでの負担を掛ける為、ここ最近は実行されていない。

・「妄想ランニング」
ご存知、PMKが得意とする「二次元美少女キャラについての妄想」を行いながらひたすら走る技。
走行中にずっと妄想することにより、逆に安定した走りが出来るかと思われるが、超局地的な
「萌えシチュ」が頭の中に登場した瞬間、無意識で全力疾走するためペースが著しく乱れる事が
多々有る。
逆に、あらかじめストーリーの流れが決まっているドラマCDを聴きながらの練習のほうが、
安定した走りを実現することが出来る。

・「守護伽羅が憑いてるよ」
走行中に聴く楽曲を、全て「しゅごキャラ!」の曲で埋め尽くすという無謀すぎる技。
2009年8月中旬まで、1時間のLSDでの1km平均ペースが6分強まで落ち込んでいたPMKであったが、
この技を試すや否や同内容の練習で1km平均ペースが5分38秒まで向上した。
但し、技名の通り「憑いてる」状態での練習のため、精神的な負担が大きい。
類似技として「練習後汗だくでティータイム」や、「曖昧3km」、「ひだまりスケッチ42.195」
等が有る。

・「神の領域への到達」
妄想ランニングとは異なり、非アニソン楽曲の中にある特定の曲のリズムによって
脳内がトランス状態に陥る現象。このとき、楽曲のリズムに合わせて足が動き、
周りの景色が著しく捻じ曲げられる。
「技」ではなく「現象」のため、発生のコントロールを行うことが出来ないが、
現象終了後に疲労が無いのが特徴。

[PR]

# by pmkandsakura | 2009-08-31 12:36 | PMK【r】 project  

帰省物語 ~まんが祭り失速~

オミオツケ。

PMKです。

さて帰省してきました。
本当に良い時間をすごせました。

友人たちと飲みながら鹿児島の放送部に思いを馳せ、家族と鱧を食し、マラソンの練習でダムの
雄大な景色を感じ、御先祖様を想い、非常に充実した時間でした。

その一方で、この帰省中に「まんがまつり」をまたやろうと考え、行きの道中に漫画を
買い込んだのです。

ここでPMK、失敗を犯しました。
「棺担ぎのクロ」。

これは読まないほうが良い

GAの作者の方が書いた作品なので、そのノリにちょっとファンタジー入った感覚を
期待していましたが、これは

読んだらトラウマになります。

最初はまあよかった。しかし2巻後半、それは突然訪れます。
もう三巻は買えません。

これとはまったく逆に、「あまんちゅ!」非常に続きが気になります。
前作「ARIA」と同じく海がテーマ、しかも今回は現実にありえそうな話を軸にしているので
期待は高まります。特典のしおりも良い感じ。

で、前回かいた「Sさんのアルバムを聞いてみよう」の件ですが、

一曲目歌いだしで停止ボタン

という悲しい結果になりました。
それとは逆に、部屋の棚から出てきた安室さんの「SWEET19BLUES」。
これ、今聞くと良くできたアルバムだなと感じます。
おそらくJANET「Rhythm Nation 1814」を参考にしているであろう(富樫さんの助言も
大きかったのでしょう)重厚な構成が聞き応えたっぷり。
当時流行という括りだけで聞かれていた一枚が、時を経てマスターピースに。
まあたまにこっぱずかしい音とかフレーズとか出てくるのはご愛嬌。
この次に発表された「Concentration 20」の迷走ぶりを考えれば可愛いもんでしょう。

あとはTRFの「BILLIONAIRE」。TRFのアルバムの中では一番安心して聴けると思います。
曲の造りが他の作品と比べてしっかりしていると思います。
ミニアルバムという体裁がちょっと疑問ではありますが。
この2枚、棚から引っ張りだしてもって帰ってきましたよええ。

あと、ネタとして長嶋監督が歌ってるCDも。


海、山、仲間、家族。

全てにありがとう。
[PR]

# by pmkandsakura | 2009-08-18 21:45 | life  

今週の7daze ~代理は鬼~

代理萌え、教授ハアハア。これが今の俺のキーワード。

まず、かなめもは可成おもろい。毎回手の込んだ演出を盛り込んでいるらしく、見るたびに新鮮な
発見がある。
そしてGA。作画のガタツキは相変わらずだが、見ごたえはある。
あーさん、やっぱ良いわ。方言最高。
あんな子に「ウチ、あんたの事好きなんやよ?」とか言われたら

即出る

今更ながらEDがワンウェイ形式であることに気付く。教授のバージョンがやはり萌え萌え。
エイベックスの事だからきっとバラ売りだろうと思ってたら

サントラ一枚にまとまっとる

エイベックスなのになんて潔いんだ。
それに比べてポ(略

澪と教授、どっちが髪質良いかな。

毎日かあさんがアニメになる事は知っていたが、既に放送開始されていると知り蒼白。
この度ついに拝見した。素晴らしい。原作(というより実話か)より少し明るめな内容も中々新鮮。
クレしんより断然教育度は高い。

ギックリ腰二回目。今回は半端ではなく歩けない状態だったが、治りは早かったので助かった。
しかし実質、新シューズが一回しか試せていない事が非常に無念。
その新シューズ、アシックスのニューヨークというハイテクタイプの一品。これまで使っていた靴と
比べると衝撃吸収度が段違い。
知識ある人に足の特性を調べてもらった上で選ばれた靴だけの事はある。
以前の靴で1000km走った事、ソールの状態を言ったら怒られちった。

ここ最近電車で聴くアルバム、朝は小田さんとC&Aがブッチギリ、夜はライオネルとクリスボッティ、
ジョー辺りが結構再生回数多め。

Sさんが逮捕された事で、彼女の曲が売れているらしい。実家にアルバムがあることを思い出した。
帰省時に聴いてみよう。

Mr.BEATSさんがミックスしたVon-Vyage -Smily Groove-が驚異的内容。
R&B名曲のカバーがこれでもかと搭載されている。
やはりレゲエ7インチの世界はいろんな意味で深い。俺では到底ついていけない。

エヴァ「破」のサントラのマスターは、映画公開十日前に出来上がったそうだ。
鷺巣先生が地球5周分の距離を飛び回って制作されたのだそう。完成した場所はハリウッド・・・。
やはり先生の記事はおもろい。エヴァ、ブリーチ、ジャムルイの話題が同時に出てくるような
コラムはなかなかないぞ。

マイケルのmixcdがナイアガラの滝のようにそこかしこから出ている昨今。
アメリカのdjが作ったものはほぼ聴く必要なし。あんなの買うくらいならベスト盤をレンタル
したほうがよっぽど聴ける。
日本のdjが作ったものもピンキリではあるが、作りが丁寧なものが多いのは確か。

オールドニックさんが凄い勢いで作品を出しまくっている。何処にそんなアイデアが・・・

曲は好きだが歌い手が嫌い、と言うのは良くある。東方神起の「どうして~」がそれだ。
スターゲイトの完全模倣ではあるが、美メロ好きの俺としては曲は好き。
この度、スティービー・ホアンが英語カバーするとのことで期待が高まる。

ジェイショーンのアメリカデビュー盤が延期されるなか、ようやくキャッシュマネーから先行シングル
が出た。曲はカッコいい、しかもウィージーが参加という申し分ない一枚だが、
これがヒットしなかった場合、お蔵入りになる可能性が・・・

ドラゴンボールを手に入れた。手に持つと言いようのない感覚に襲われる。

東方咲夜の「働け!」フィギュアをついカッとなって購入。
「働いてますけど?欝にもなりましたけど?」と言い返す日々。
しかし、休みの日にネットで写真をみたその日に買いに行ったと言うのは快挙。
ここまで俺の精神は回復したのかと感じた。

友人たちと久しぶりに花火を楽しんだ。楽しい時間、楽しい思い出。ずっと大事にしたい。

フィンガー5。「リンリン」とか「先生はフィーバー」とか、ちょっとコミカルなジャクソン5っぽい人たち
と思っていた。しかし実はジャクソン5のカバーとかを本当に歌っていたとは・・・・。
志村けんさんの「ヒゲダンス」も、元はソウルの名曲。
実は知らないところで結構、R&Bやソウルの名曲が消化された曲を聴いて生きているのかも。
R&Bを聴き始めて11年。それは、まだずっと遠いところにある気がする。

月のワルツがカバーされると知り、テンションが富士山越え。しかし試聴してバミューダの底へ。
これは俺には合わん・・・。

キュアパッションがみるみるうちに魅力増大。
おとなしい子が快活になっていく様はえもいわれぬ快感を与えてくれる。
そして新ED。アイドルマスター達が地団駄踏んで悔しがりそうなくらいのハイパークウォリティ。
ガンバランスを余裕越え、しかしその分制作面で首が絞まっているのではと思うのは俺だけか。
[PR]

# by pmkandsakura | 2009-08-13 23:11 | life  

みなさーん

今日から8/7の午後11時からは

クロスオーバーイレブン

お聞きのがしなく!
[PR]

# by pmkandsakura | 2009-08-03 21:43 | life  

ずもも

TOWER RECORD NU店。

ここは、棚変えの際に在庫一層のため数年前の盤を安売りすることがある。
三日ほど前にもそれをやってたので少し掘って見ることにした。

こういうセールの時には、SMOOTH JAZZの旧譜がよく対象になっているんです。
掘り始めて約1分。

出るわ出るわ

すさまじい勢いでSMOOTH JAZZのあんな盤やこんな盤が続々と。
特にARTIZENから発売した旧譜は殆ど出てきた。
信じられん。

選び抜いた挙句9枚購入。あれ?なんかセール非対象品まで混ざってる気が・・・

まあいいか

その中には、遂にあのBlu-Spec CDが。
[PR]

# by pmkandsakura | 2009-08-02 21:40 | life  

memories

私を精神的に追い詰めた、かつての職場。

しかしそこには悪いことばかりだった訳では無かった。

私の面倒を親身に見てくださった人、悩みを聞いてくださった人。

共通の話題で話が弾んだ人。

その人たちは皆、あの店が好きだった。

今日、私はその店に行った。

相変わらず静かな店だった。あの職場の慌しさとは正反対に。

自分でも、なぜそこに足が向いたのか分からない。

思い出を確かめたかったのかもしれない。

店を出て見上げた空には夕暮れが滲んでいた。

ああ、夏の空だ。
[PR]

# by pmkandsakura | 2009-07-31 21:33 | life  

shape me up

プリン体。

PMKです。

さて、ここに目標を誓います。

体脂肪率9%を狙います。
腕やら方やらのトレーニングも行います。

以上
[PR]

# by pmkandsakura | 2009-07-26 21:27 | life  

majipaaaaa

ティーリリリ。

PMKです。
さて

ビートジャンパーを何とかしろ

以下、ベジータ風にお届けします。

そう、遂にあの野郎が「グルーブ」なんて言葉を使いやがったんだ!
しかもHIPHOPでよく使われる握手までやりやがってぇ!

そのくせBGMにゃこれっぽっちもビート使った曲を入れやがらねえ!

くそったれーーーーーー!

いや、もうね・・・間違った解釈が多すぎる気がするのは私だけでしょうか。
勘違いしたラッパー気取りって言うか・・・なんというか。
ヘッドホンしたまま柔道とかありえませんよええ。

まだこれでブーンボックス担ぎ始めたら少しは認めてやろうかと思いますけど・・・。

なんども言うけど、あのコスチュームは私服だろ・・・。
[PR]

# by pmkandsakura | 2009-07-24 23:42 | life  

Let my prayer arise (Over the Rainbow)

ギリギリドキ土器。

PMKです。

さてGA第3話、相変わらず作画に心配な面が多々あるものの楽しく見れたんでよし

ノダ最高

抱きしめたい。あァ抱きしめたい。あとね

あーさんも最高

方言話す女の子(髪の毛ストレート)最高ですな。

次。以前「ポニーに吸い取られる」と書きましたがご多分に漏れず

放課後ティータイム

ええ、買いましたよええ。ついカッとなって。で、早速通しで聴いたわけです。
曲は良い、歌もまあ良い、ライブミックスもそこそこ、盤の体裁(二枚組みで八曲とか)
については目をつぶる。しかし

もこもこ祭りだけは解せん

主題歌シングルを持っている人なら分かってくれると思いますが、音がもっこもこなんです。
カガヤケガールズの後にカレー後ライスを再生すればその差は歴然、
いったいどうしたというのか。アマチュア感でも出したかったのだろうか・・・・。

次。

パッション

涙チョチョ切れな展開にもうこれは神を見た。これからラブとセツナの同棲同居生活が
始まるわけだが、ここにきて

ラブが妖艶に可愛い件について

おかしい。放映開始当時から確実にラブの表情の造りが変わった気がする。
恐ろしくセクシーだ。エンディングでその片鱗は見えていた訳だが、

ジグソーパズルにまで

その妖艶さが際立ってる。キディランドでひっくりかえりましたよええ。
[PR]

# by pmkandsakura | 2009-07-21 20:47 | music , life , m.o.e  

U, please let me know my E.N.D.

コングロマリット。

PMKです。

病院の後BOOKOFFに行く。目的は「20円引き」チケットを使って百円の文庫を買うためだ(コスい。
文庫コーナーに行く前に中古CDを掘ろうかと棚に目をやったら

GABALL

一瞬声を上げそうになった。北新地探しまくって見つからんかったこの盤がこんなところに。
しかも500円。もうね、買うしかないよね、と思いながら下の棚に目をやったら

LitghtsとLight2

しかもBOXに入った状態で250円ときたもんだ。ハイお買い上げー。で

本来の目的を忘れる

2回同じ店員さんに対応してもらうのはハズい。
[PR]

# by pmkandsakura | 2009-07-21 20:37 | life